交通事故で弁護士に相談するケースとは?

今まで交通事故に遭った事がなければ示談解決までどのような交渉が必要なのか、知らない人も多いと思います。



しかし交通事故はいつどんな時に起こるか分かりません。



たとえ横断歩道を歩いて渡っていたとしても、被害者として巻き込まれてしまう可能性もあります。



そこで示談解決までの簡単な流れですが、まず事故現場に警察が駆けつけ、現場検証を行います細かい事故状況などを確認する事になりますが、その場で警察がどちらの過失が大きいなどといった判断をする訳ではありません。



その後通常双方に保険会社があれば保険会社同士で過失割合について交渉を進めていきます。


そして賠償額や過失割合について双方が納得すれば示談となります。一度示談が成立すればよほどの事がない限り示談内容を取り消す事が出来ませんので、少しでも納得出来ない場合はよく検討する事をお勧めします。しかし交通事故の賠償についての知識がなければ相手保険会社が提示してきた内容を鵜呑みにしてしまう人も多いと思います。
そんな場合交通事故の弁護士が役立ちます。



特にケガをして人身事故になっているケースであれば弁護士に交渉を依頼する事で慰謝料が増額される可能性が高いのです。
実は保険会社が提示しているのは「任意基準」の慰謝料であり、弁護士が交渉するのはそれよりも高い「裁判基準」の慰謝料となるからです。



弁護士に依頼するのは費用もかかりそうだと心配な方はまずは無料の電話相談を利用してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

交通事故で弁護士に相談するケースとは?


今まで交通事故に遭った事がなければ示談解決までどのような交渉が必要なのか、知らない人も多いと思います。しかし交通事故はいつどんな時に起こるか分かりません。...

交通事故でお悩みの方は弁護士にまず相談を


交通事故は思いがけず突然起こるものです。交通事故の数は年々減少してきていますが、それでもいつどこで巻き込まれてしまうか分かりません。...